トークスクリプトは紙からデジタルへ

電話業務で必須なトークスクリプトですが、変更するたびに共有する人数分印刷しなおすため管理が大変だったり、オペレーターが次のトークを探すことが大変だったりします。 デジタル化することでトークスクリプトを簡単に管理でき、オペレーターの電話業務を効率化できます。

トークスクリプトは紙からデジタルへ デジタルトークスクリプトTree(ツリー)

Treeeにできること

会話の流れに沿ってあらかじめ設定しておいたボタンをクリックすると、該当するトークスクリプトが表示されます。あとは表示されたトークスクリプトを読み上げるだけです。 このようなデジタルトークスクリプトが「誰でも」「簡単に」作成できます。

Treeにできること デジタルトークスクリプトが「誰でも」「簡単に」作成できる デジタルトークスクリプトTree(ツリー)

メリット

トーク作りが簡単・スピーディー デジタルトークスクリプトTree(ツリー)

トーク作りが簡単・スピーディー

順にテキストを入力してトークを作り、それぞれをリンクさせるだけでデジタルのトークスクリプトが完成します。

最新のトークを瞬時に共有 デジタルトークスクリプトTree(ツリー)

最新のトークを瞬時に共有

デジタルなのでトークを更新すると、最新のトークがすべてのオペレーターに反映されます。

応対品質の向上 デジタルトークスクリプトTree(ツリー)

応対品質の向上

トークスクリプトを作り込めば、新人でもベテランのような応対が可能になります。

紙代や印刷費の削減 デジタルトークスクリプトTree(ツリー)

紙代や印刷費の削減

紙や印刷は不要なので、これまでトークスクリプトにかかっていた紙代や印刷費がかかりません。